ふやすの風雷益

易の64卦42番はふやすの風雷益(ふうらいえき)。

上爻「これに益すことなし。或いはこれを撃つ。心をたつること恒なし。凶」。

益すことの極地にいます。

鼻柱が強く、人に利益を求めることしか考えられない人間。

どんな場合でも、自分勝手な言い分を盾に人のいうことなど聞く耳をもたない人間です。

長年、利益だけしか念頭にないから、どんなときも自分の損得しかうかばないのです。

そんな人間に誰一人増してあげようとは思いません。

それどころか、それを憎んで撃とうとするものさえ現れるかもしれない。

ディケンズの「クリスマスキャロル」に登場する強欲なスクルージ老人の姿がそれです。

幸い彼は恐ろしい幻を見て改心しますが、普通は二とに嫌われみじめな姿になるだけなのです。

孔子は「利によって行えば怨み多し」と言っている。

それに自分の利益ばかり中心にしていると恒常性のない心の持ち主になります。当然、凶です。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬 (11/8~ 11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来くる。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

金盞は、水仙の別名で黄金の杯を意味しています。  〔立冬の末

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。