女房役の風火家人

易の64卦37番は女房役の風火家人(ふうかかじん)。

上爻は「孚(まこと)あり咸如(いじょ)たり。終(つい)に吉なり」

家人の終わりの爻ですから、家長にしても、

家族に尊敬されかつ慕われていることがベターな場所です。

とかく年をとると家族を甘やかしすぎて、特に現代では礼儀が不足して、放漫になっている現象もみられる。

だから愛情と誠意に加えて威厳をもつことが大切です。

威厳といっても、親だからと偉そうに威光をふりかざすのではなく、自分の生き方をたえず反省し自分を律していけば、見ている子供や孫たちはひとりで尊敬し、慕うものなのです。

仕事でも、成し遂げた事業をバトンダッチする時期が来ているかもしれませんが、最後まで気を引き締め努力を続け、有終の美を飾りましょう。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立秋 (8/7~ 8/22)

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
一年で一番暑い頃。一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり。

暑中見舞いはこの前日まで。

七十二候

寒蝉鳴(ひぐらしなく)

「蜩が鳴き始める」といった意味。〔立秋の初候

* 8月12日~8月17日ごろ

季節は初秋

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。