傷ついた太陽の地火明夷

易の64卦36番は傷ついた太陽の地火明夷(ちかめいい)」。

上爻は「不明にして晦(くら)し、初めは天の登り、後には地に入る」

愚かな暴君が、はじめは天に登るほどの高位に立ち、四方の国々に君臨する勢いだったけれど、

人々を虐(しいた)げ、恐怖に陥れるような政治ばかりしたので、革命の名のものとに倒れて命を落とし、

地に埋められます。

暗愚な独裁者の運命が、そのまま示されています。

二十世紀、ヨーロッパやアジアで独裁者の横暴が民衆を苦しめたため改革の声が起こり、

その没落の末路はテレビの発達で世界中の人々の目にさらされました。

くだくだ説明するまでもない事実でした。

人類はこりずに、何千年前と同じ愚かな暴君を生みだしつづけているのです。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立秋 (8/7~ 8/22)

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
一年で一番暑い頃。一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり。

暑中見舞いはこの前日まで。

七十二候

寒蝉鳴(ひぐらしなく)

「蜩が鳴き始める」といった意味。〔立秋の初候

* 8月12日~8月17日ごろ

季節は初秋

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。