進む事の火地晋

易の64卦35番は進む事の火地晋(かちしん)

「その角(つの)に晋(すす)む。維(こ)れ用(もっ)て邑(ゆう)を伐つ。厲(あやう)けれど吉にして咎(とが)なし。貞(ただ)しけれど吝(りん)」

会社に例えれば、ある程度大きくなった会社を立ち上げ、いまは会長になっている人です。

会社が大きくなると、いろいろと意見が分かれたり、上層部に反旗をひるがえすようなグループもできたりします。

そのグループが若くて過激だったりすれば、会社全体のためにそれを罰して抑え込まなければならない場合もある。

「すべては私の不徳のいたりです」といいながら、一人ひとりの顔まで知っているような小さなグループを処断したり解雇したりするわけなのです。

これは必要なこととはいえ、会社指導者としては恥ずかしいことでしょう。

国家でも家族でも、同じ例があてはまると思います。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立秋 (8/7~ 8/22)

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
一年で一番暑い頃。一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり。

暑中見舞いはこの前日まで。

七十二候

寒蝉鳴(ひぐらしなく)

「蜩が鳴き始める」といった意味。〔立秋の初候

* 8月12日~8月17日ごろ

季節は初秋

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。