昇る太陽の離為火

易の64卦30番目は昇る太陽の離為火(りいか)。

上爻は「王用(おうも)って出て征(せい)す。嘉(よ)きことあり首(かしら)を折(くじ)く。獲(う)ることその醜(たぐ)いにあらず。咎なし」。

王が戦いに出て、悪人を征伐(せいばつ)し、勝利するということです。戦いでなくても、勢いがある爻ですから、自信をもって、広く物事を見極め、はっきりとした意思を決断力で物事なり事業なりを処理できるということです。明るい火の勢いのときですから、成功するでしょう。

ただ、小人だったら自分が征伐される側になる。

小人とは、しつこくいいますが、自分の小さな損得や感情で動く、

人と融和できない卑しい心根の人間の事。

天下国家とまではいかなくとも、ほかの人たちへの愛をもち、

人に尽くす心をもって行動できる人が大人(たいじん)です(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころ。

「金盞きんせん」とは、水仙の別名で、黄金の杯を意味してます。

(立冬:末候)

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。