落とし穴の坎為水

易の64卦29番は落とし穴の坎為水(かんいすい)。

上爻は「係(かか)るに微纆(きばく)を用ってし、叢棘(そうきょく)に寘(お)く。三歳まで得ず、凶」。

「坎(かん)」の極みにいます。

二重三重に縛られ、棘(いばら)の穴に投げ込まれ、三年は出られないというイメージです。

困り抜いて、よく考えず欲に振り回され、犯罪に手をそめたり、背徳な行為をしたりで、

それこそ捕まって牢に入れられてしまった形。

ともかく反省し、ここまで追い込まれた自分を悔い改め、神に懺悔でもするしかないのです。

動機が不純だったら、いくらもがいても、つぎつぎに裏目に出て、三年間は棘(いばら)の道を抜けられない。

この際、自分の生き方を根本的に反省し、生きなおすべきなのです(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころ。

「金盞きんせん」とは、水仙の別名で、黄金の杯を意味してます。

(立冬:末候)

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。