装飾の山火賁

易の64卦22番は装飾の山火賁(さんかび)。

上爻は「白(しろ)く賁(かざ)る。咎(とが)なし」

人間はうわべを飾りたがります。

心の中でも、うぬぼれや高慢で自分をごまかしたります。

でも、そんなもののむなしさが心の底からわかったとき、ちっぽけな自分の存在と

向き合えるのです。

つまらない飾りをすべて捨てて真っ白な自分と向き合い、

素直に自分をしれば、ヨロイを脱いだように身も心も軽く自由になるでしょう。

それからが新しい人生です。

世捨て人の負け惜しみのような悟りとは違う。

本当の自分をみつけたときの、すがすがしさです。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころ。

「金盞きんせん」とは、水仙の別名で、黄金の杯を意味してます。

(立冬:末候)

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。