邪魔者を砕く火雷噬嗑

易の64卦21番は邪魔者を砕く火雷噬嗑(からいぜいこう)。

上爻は「校(かせ)を荷(にな)いて耳を滅(やぶ)る。凶なり」

これは最悪の卦。

人の言うことに耳をかさず、自分勝手に振舞ってきたために人に見放され

借金で首がまわらなくなったり、愛情を失って孤独のどん底に落ちてしまう

など最悪の卦です。

自分の小さな欲だけを甘やかし、人の云うことを聞かずに生きてきた結果がこれ。

何でも人のせいにする性癖。

そこから無気力なノイローゼになる。

でも、凶は吉に通じるという。

神や天、勝手放題で傷つけたり周りの人々などに心からお詫びして、いままでの自分を反省し、

もう一度、裸で出直そう。

人のために無私無欲の心で働こう。

そうすれば・・・生きながら地獄は、心から悔い改めれば脱出できるのです(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立秋 (8/7~ 8/22)

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
一年で一番暑い頃。一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり。

暑中見舞いはこの前日まで。

七十二候

寒蝉鳴(ひぐらしなく)

「蜩が鳴き始める」といった意味。〔立秋の初候

* 8月12日~8月17日ごろ

季節は初秋

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。