猛反省の雷地予

易の64卦16番は猛反省の雷地予(らいちよ)。

上爻は「冥豫(めいよ)す。成(な)るも渝(かわ)ることあり。咎なし」

この卦は、遊びにふけって何も見えなくなっている状態。

君主でも、社長でも、ともかく自分の楽しみに溺れて、国も会社も家も傾いているのに、まだ遊蕩三昧(ゆうとうざんまい)なのです。

遅かれ早かれ終わりがきます。

ただ、上爻は「震(しん)」の性格が残っていますから、ハッと気づいて心を入れ替えれば救いようがある。

「豫(よ)」の卦は全体に明るく見えながら、進んでいくほど暗くなる。

楽しみつづけていれば、必ず終わりがくる。

人間は楽しみに弱くついハメをはずす性質があるので、この卦は、節度を忘れず楽しみのワナにはまらないように気をつけることを警告しているのです。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

地始凍(ちはじめてこおる)

大地が凍り始めるころ。

「凍る」は、水以外のものをいい、「氷る」は水が氷になることを云う

(立冬:次候)

*11月12日~11月16日ころ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。