星翔の今:大山鳴動(めいどう)して鼠(ねずみ)一匹

【大山鳴動(めいどう)して鼠(ねずみ)一匹】

 

上を下への大騒ぎした結果・・・・

 

意外につまらなく終わる。

 

 

※事前の騒ぎが大きくて、一体どんな大事が起こるのかと思っていたら・・・・・
なんと。出てきたものはほんのつまらないものだった。

ことわざ。

山が鳴動するので何事かと構えていたらねずみが一匹出てきただけだったという事柄に例えた表現です。面白いけど意外に多いよね。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

白露 (9/8~ 9/22)

陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。

 

七十二候

玄鳥去(つばめさる)

燕が南へ帰って行く頃。

〔白露の末

*9月18日~9月22日ごろ

季節は仲秋

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。