今日の卦は最後は未完成の火水未済

 

易の64卦最後は未完成の火水未済(かずいびせい)。

四爻は「貞(ただ)しければ吉にして悔亡ぶ。震(うご)いて用て鬼方(きぼう)を伐(う)。三年にして大国に賞(しょう)せらるることあり」。

剛(つよ)いということはいい面と悪い面がある。

例えば自分の地位がかなり力をもつようになり、思い切った性格だったりするとつい傲慢になったり、もっている力を私欲に使いたくなることもある。

でも、自分の力を貞しい方向に向くように努力して、それを守っていれば、人から認められ吉になります。

人間は剛(つよ)さにまかせて人を傷つけたり無理な仕事をしたくなるものですが、剛(つよ)いだけに、悔いがなくなるまでに自分自身との闘いも激しいものになるでしょう。

我が強い自分を叱咤しながら死力を尽くして努めれば、三年後には成功するでしょう。

自分の生きる道を達成するにも三年はかかるはず。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころ。

「金盞きんせん」とは、水仙の別名で、黄金の杯を意味してます。

(立冬:末候)

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。