第51章 道(タオ)と徳(テー)

「道(タオ)」っていうのは

 萬物を生み出す働きのこと。

 

この生み出された萬物を

 動かす力を「徳(テー)と呼ぶ。

 

道(タオ)が生んだものを

 徳(テー)が養う。

 

養い育てて、形をつくり

 存在する場を与える。

 

だから萬物はみんな

 道(タオ)を尊び

 徳(テー)を大切にするべき。

 

萬物が

 道(タオ)や徳(テー)を尊敬するのは、それが

 無理に押し付けられたものじゃないから。

 

自然に生まれて、

 その本来の力を受け付けられたから。

 

道(タオ)と徳(テー)は、

 法律や社会道徳じゃなく

 ものの内にある力。

 

だから道(タオ)とは

 すべてを生みだし、養い、育てて

 成熟させ、そして・・・・・・・

 

その果実が地におちたら埋めてやる。

 

生み出したから、

 自分のものにしないし

 大変な働きをしたからって

 威張らない。

 

成功して人々の頭に立ったからって

 支配して操ったりしない。

 

だから・・・・・

 

こういう道(タオ)の働きを

 玄徳、神秘のパワーと人は言う(笑)

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/21~ 6/5)

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
陽気がよくなり、草木が次第に生長して生い茂るという意味。

七十二候

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

筍が生えて来る。

〔立夏の末候

蚕が桑を盛んに食べ始めるころ。

*5月21日~5月25日ごろ

季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。