今日の卦は進む意味を持つ風山漸

易の64卦53番は進む意味を持つ風山漸(ふうざんぜん)。

四爻は「鴻木(こうき)に漸(すす)。或いは其の桷(たるき)を得(う)る。咎なし」。

鳥が木の枝に進んでなんとか足場のいい場所を見つけて落ち着きます。

素直に自分の居場所の現状に安じて一息ついた形です。

人間の欲というものは限りないもので、安定すればしたで、次第にもう少し上にいけないかと思うもの。

でも、いまは本当に安定しているはず。

次の段階は必ずくるものです。

自分自身を養って利他の心でいきていけば必ず、認めて協力するなり引き立ててくれる人が出てくる。

ただ、指をくっわえて何かをまつような小さな心だけは捨てましょう。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大寒(1/20日~2/3

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)

一年で一番寒さの厳しい頃 。

逆の見方をすれば、これからは暖かくなると言うことです。

春はもう目前です。

七十二候

 款冬華(ふきのはなさく)

蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す 。(大寒:初候)

寒さも厳しく襲ってきます。そんな中、凍てついた地面に款ふきの花が咲く時季です。款を始めとした草花が、着実に春に向かっていることを知らせてくれます。

1月20日~1月24日ごろ

季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。