第42章 陰を背に、陽を胸に

タオのはじめには

 混沌(カオス)があった。

 

それを一としよう。

 

それを二としよう。そして・・・・

 

この二つの間から三・・・すなわち

 この世のすべてのものが生まれた。

 

陰を背に負い、

 陽を胸に抱いているのであり

 そしてこの二つが・・・・

 

中心で融け合うところに

 大きな調和とバランスがある。

 

人は誰でも

 未亡人や孤児になりたくない。

 

もしも、地位の高い人や富んだ者が

 自分を貧しい人とか孤児とみなして

 つねにへり下った気持ちでいれば

 そこにひとつのバランスが生まれる。

 

このように・・・・・

 

物や生き方を控えめに抑えた時に

 かえって得をする。

 

強引に「得をした時」に・・・・かえって

 大きな損をするもの(笑)



 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

紅花栄  (べにばな さかう)

紅花が咲き誇るころ。

(小満:次候 )

推古天皇の時代(6世紀末から7世紀初め)に朝鮮半島を経て渡来。

江戸時代には『紅一匁(もんめ)金一匁』と大変高価な染料でした。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。