第40章 道(タオ)の原理

道(タオ)のなかを

 最も深く貫いている動きは何か?

 

再び転じる事。

 

大きく転じて帰ってゆく。

 

そして・・・・・この動きは

 弱いといえるほどゆったりしている。

 

水のような柔らかな動き。

 

それは、どこへもどってゆくのかって?

 

あの非存在、名のない領域へ。

 

あらゆる存在は確かに実在している。

 

いま「有る」存在はみな

 「無い」の中に返ってゆく。

 

そして、ふたたび・・・・・

 

「有」の存在のほうへ

 

「名のある領域」へ、反転してゆく。

 

だから道(タオ)の動きは

 深くて大きいというのです(笑)

 

 

私的に簡単に言うと・・・・「無」を感じてごらんって感じですね。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。