今日の卦は養うの山雷頤

易の64卦27番は養うの山雷頤(さんらいい)。

四爻は「さかしまに頤(やしな)わるるも吉なり。虎視眈々(こしたんたん)たり。咎なし」。

四爻の場所は重要な地位にいる人。

天下の為に広く人々の益なる仕事をしたいけど、お金はない。

世界的な学者で有益な研究に没頭していても、残念ながら清貧の人だったりする。

金儲けと精神的・文化的な仕事とは異なるもの。

目下の人でも志が通じるような財力のある人に助言を仰ぎます。

世のため人のためという大きな目的があるのだから、堂々を胸をはって相手を説得する。

意気に感じた人のお金でこの世を潤す仕事ができます。

大事業だから次々にお金は必要になる。

強欲なようにみえても、大儀のためと強い意志をもって行動しましょう。

私利を離れた満足があるので「咎なし」となるのです。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

地始凍(ちはじめてこおる)

大地が凍り始めるころ。

「凍る」は、水以外のものをいい、「氷る」は水が氷になることを云う

(立冬:次候)

*11月12日~11月16日ころ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。