第27章 「善」を学ぶには?

タオは自然を通して

 私たちに語りかける。

 

その言葉に従う人は

 何をしても、跡を残さない。

 

その人の言葉は、

 人を傷つけない。

 

ひと回り大きな計算だから。

 

そろばんも計算機もいらない。

 

もっと大きな力の開け閉めに任すんで

 鍵なんか使わないでいる。

 

たとえば母と子の関係のように

 縄で縛りもしないのに

 結び目はほどけない。

 

だからタオの人は

 ひとにたいしても自然な気持ちでいるんだ。

 

誰を選び・・・・誰を捨てるなんてことはしない。

 

善いものばかり選ぶなんてこともしない。

 

こういう態度は・・・・

 

世間の判断に従うのではなく

 タオの自然に従う行為。

 

「善い人間」と「悪い人間」とは

 ただの表裏にすぎない。

 

「善い人間」が「悪い人間」の手本であり

 「悪い人間」は「善い人間」が学ぶ教材。

 

それがなければ「善」を知りえない。

 

こういう大きな関係を学ばないで

 実利や知識ばかり追う人は

 霧に迷ってしまう。

 

その霧の向こうに

 タオの秘密が潜んでいるのに・・・・・・

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小寒 (1/6~ 1/19)

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧)
この日は寒の入り、これから節分までの期間が「寒」です。

七十二候

雉始雊(きじはじめてなく)

雄の雉が鳴き始める 。

〔小寒の末

*1月15日~1月19日ごろ
季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。