今日の卦は装飾の山火賁(さんかび)

易の64卦22番は装飾の山火賁(さんかび)。

四爻は「賁如(ひじょ)たるもの蹯如(はんじょ)たり。白馬翰如(はくばかんじょ)たり。

 寇(あだ)するにあらず婚媾(こんこう)せんとす」。

仕事の関係でいえば、若い有能な部下を取り立ててアシスタントしたいと思っているのに、

すぐ下の、やり手の部下が邪魔して、うまくこちらの意志が伝わらないという形。

でも、率直に自分の意志を通し、相手と通じあえば、もともと誠実でやる気充分の若者なので、

喜んでこちらの要求どおり実力を発揮してくれる。

ゆくゆくは仕事の片腕になって、本当に信頼できる相手になる。

白馬とか婚媾(こんこう)などと書いてあるので、白馬の騎士が自分を迎えに走ってくれる姿を想像する女性もいますが、この場合は近くにいる金回りのよい中年男性より、離れていても忠実に自分を慕ってくれる若い相手と結ばれるほうが良いということです。

白は見えない姿を表しています(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/21~ 6/5)

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
陽気がよくなり、草木が次第に生長して生い茂るという意味。

七十二候

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

筍が生えて来る。

〔立夏の末候

蚕が桑を盛んに食べ始めるころ。

*5月21日~5月25日ごろ

季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。