第15章 形のない形だけのあるところ

不思議な言葉・・・・・「形のない形だけのあるところ」・・・・意味不明(笑)

五感で「なんか確(たし)かめられない」ものこそ

 本当の実在。

 

微小すぎるものは

 いくら見ようとしても見えない。

 

あまり幽(かす)かな音は

 聞こうとしても聞こえない。

 

滑らかすぎる表面は

 触ってもそれと気づかない。

 

この三つの徴のきわみは

 微細であるだけに、互いに

 融け合える。

 

そして、この三つが一つに

 融け合う空間

 それは無か空(くう)に見えるほど

 充実したもの

 もっとすごい実在といえる。

 

その空間では

 かぎりなく昇っても・・・・・

 ただ明るいとういうだけではない。

 

限りなく下へおりても

 ただ真っ暗ではない。

 

すべてが絶え間なく連続し、変化し

 動いている。

 

やがては「名のない領域」戻る。

 

これは形のない形だけのある所。

 

無いものだけの在るところ、すべてが

 捉えがたい抽象で出来ている。

 

そいつの後をついていっても

 背中は見えないし。

 

前に廻っても

 顔つきなんか分からない。

 

どうやったら捕まえられるかって?

 

今の自分の中に、そして

 万物の中に

 タオが働いてると自覚すること。

 

それは太古の太古から伝わってきている。

 

・・・・想像する、すると

 道(タオ)の全体象が

 現れてくるかもしれない。

 

「かも知れない」なのです(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。