第8章 水のように・・・

タオのあり方に一番近いのは

 天と地であり、

 タオの働きに一番近いのは水の働き。

 

そして、タオの人が素晴らしいのは

 水のようだということろにある。

 

水は全てのものを生かし、養う。

 

それでいて争わず、威張りもしない。

 

人の厭(いや)がる低いところへ

 先に立っていく。

 

水はよほどタオの働きに近い。

 

タオの人は、自分の居る場所を

 いつも善いところと思っている。

 

心は、深い淵のように静か。

 

付き合う人をみんな善い人だとし、

 自分の言う事は

 みんな信じてもらえると考え

 社会にいても

 タオの働きの善さを見失わない。

 

その人は、手出しをしないで

 あらゆる人たちの能力を充分に発揮させ

 人々は

 自分のいちばんよいタイミングで発動する。

 

これをひと口でまとめると

 「争うな」ということだ。

 

水のように、争わなければ

 誰からも非難をうけることばないからね(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

春分 (3/21~ 4/4)

日天の中を行て昼夜等分の時也

(暦便覧)
この日をはさんで前後7日間が彼岸。花冷えや寒の戻りがあるので暖かいと行っても油断は禁物。

七十二候

雀始巣(すずめはじめてすくう)

雀が巣づくりを始める頃。この時期、雀が隠れるほどに草がのびることを「雀隠れ」といいます。

 〔春分の初候

*3月21日~3月25日
季節は仲春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。