今日の卦は旅に出る時を現す火山旅

易の64卦56番は旅に出る時を現す火山旅(かざんりょう)。

三爻は「旅(りょ)のとき其の次を焚(や)く。其の童僕(どうぼく)を喪う。貞(ただ)しけれど厲(あやう)し」。

泊まった宿が火事で焼け。

荷物や金品も失い、一緒にいた召使にも逃げられてしまう。

旅たつ時は目的があって出かけたが、火事だけでも災難なのに、共にした人にも逃げられる。

じぶんん日頃の態度が傲慢で思いやりのない人間だったと反省が必要な時期。

災難よりも後の出来事で反省するべき課題を残している。

目的はあったのだから、十分に気をつけて旅を続けるべきなのです(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/21~ 6/5)

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
陽気がよくなり、草木が次第に生長して生い茂るという意味。

七十二候

紅花栄(べにばな さかう)

紅花(べにばな)が咲き誇るころ。

〔小満の次候

紅花はキク科の一年草または越年草。推古天皇の時代に朝鮮半島を経て渡来。安土・桃山から江戸時代にかけて、京染めの藍茜、紫根と共に代表的な染料として用いられた。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。