今日の卦は賢人を養う火風鼎

易の64卦50番は賢人を養う意味がある火風鼎(かふうてい)。

三爻は「鼎(かなえ)の耳革(みみあらた)まる。その行寒(みちふさ)がる。雉(きじ)の膏(あぶら)あれども食(くら)われず。方(まさ)に雨ふらんとして悔を虧(か)く。終(つい)に吉なり」

鼎(かなえ)の耳が取れて持ち上げられない。

持ち上げられなければ、その中の雉の煮込みも食べられない。

これは才能があってもそれを認められず、採用もされない。

運が悪いようですが、才能はあるのです。

これまでの自分の行動や努力を反省して、まっすぐな生き方を守っていけば、最後には認めらるのです。焦らずに行こうね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大寒(1/20日~2/3

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)

一年で一番寒さの厳しい頃 。

逆の見方をすれば、これからは暖かくなると言うことです。

春はもう目前です。

七十二候

 款冬華(ふきのはなさく)

蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す 。(大寒:初候)

寒さも厳しく襲ってきます。そんな中、凍てついた地面に款ふきの花が咲く時季です。款を始めとした草花が、着実に春に向かっていることを知らせてくれます。

1月20日~1月24日ごろ

季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。