タオの第50章 命を大切にする人

タオは面白い考え方をしている♪

 

人は生まれて⇒生き⇒死んで⇒去ってゆく。

 

生まれてからの三十年間は・・・・・

 柔らかく若くて生命(せいめい)の仲間。

 

六十歳を過ぎてからの30年間は・・・・・

 こわばって老いて行く

 死に近づいてゆく。

 

この間の30年間は壮年期である。

 

しきりに動き回り、どんどん固いものに近づいてゆく。

 

この流れには落とし穴がある(笑)

 

その穴を覗き込むと・・・・こんな姿がある。

 人は生きるための競争に

 こだわりすぎて、ジタバタして生きている。

 

旅をしても危険なところに足を踏み入れたり。

 

軍隊に入っては武器を取る役に廻って、身を守ろうとしたり。

 

相手に殺されてしまう先頭に立ったりする。

 

本当に命を大切にできる人は

 自分の命を危険な場所に近づかず、凶暴な人物には見えない場所にいるようにする。

 

自分の命を大切にして生きているかぎり

 死はつけいるすきがない。

 

面白い考え方だよね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

白露 9/8日~9/22

陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。

七十二候

玄鳥去(つばめさる)

燕が南へ帰って行く頃。

(白露:末候)

* 9月18日~9月22日ごろ
季節は仲秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。