タオの第49章 心を空にする人

面白いね。

 

タオの人って現代社会では「役立たない」脱落者に思えてしまう。

 

心を空にする人は、決まった意見はもたいない。

・・・・・・自分の意見を持たないとは「考えない人」=「できの悪い人」

 

そんな人がリーダーになると、

 人々の考え方や感じ方に

 どのようにも応じられる

 ・・・・・指針をもっていない「とんでもないリーダー」=「不要なリーダー」

そんなタオの人はいう。

 

「おれは善いものは、善しとするさ・・・・そして、悪いものも善しとする」

 ・・・・・・意味分からない、善悪は決まっている事なのに?

 

ところがこの優柔不断とも思える考え方が「タオの本当の<善さ>」だという。

 

そして、タオの人は「おれは正直者を信用する。しかし、不正直ものも信用する」

 「だって、それがタオの本当の<信じ方>だからさ」

こういうタオの人は、

 世の中にいても

 囚われないでいる。

 

心は、誰に対しても自由でいられる。

 

人々はみんな口や耳や眼を働かせ

 あれこれ言ったり見張ったりする。

 

タオの人は幼い子のように・・・・微笑んでいる(笑)

面白い事を老子さんは言うものです・・・・でも、分かるような気がする。

人は善悪で判断できないし、正直者も不正直者も信用できる時もあるし
 できない時もある。

考えさせられる言葉です(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大寒(1/20日~2/3

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)

一年で一番寒さの厳しい頃 。逆の味方をすれば、これからは暖かくなると言うことである。

春はもう目前である。

七十二候

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

鶏が卵を産み始める 。

(大寒:末候)

自然な状態での鶏は、冬は卵を産まない日も多い。その鶏が、春の気配を感じて卵を産み始める頃です。

1月30日~2月3日ごろ

季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード