タオの第40章 道(タオ)の原理

道(タオ)のなかを・・・・・

 最も深く貫いている動きは「何か」と言えば

 大きく転じて戻ってゆく。

 

この動きは

 弱いといえるほどゆったりしている。

 

水のような柔らかな動きだ。

 

それは

 どこへ戻ってゆくのか?

 

非存在、名のない領域へ。

 

あらゆる存在は確かに実在しているが・・・・

 いま「有る」存在はみな

 「無」の中に戻ってゆく。

 

この動きを【反・復・回・周・環】という言葉で語る。

そしてそれはふたたび

 「有」の存在のほうへ。

 

「名のない領域」へ、反転してゆく。


だから道(タオ)は
 深くて大きいというんだ(笑)

分かったようで、分からない言葉

 でも、こんな考え方も良いのかもって気がする。

ちょっと受け止め方が変わってきたのが面白い(笑)



三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

雨水2/19日~3/4

陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧)

 三寒四温(さんかんしおん)

寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいことをいいます。これを繰り返しながら、次第に暖かくなり、春へと向かいます。

七十二候

土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

雨が降って土が湿り気を含む 。寒さも緩んできて、冬眠していた動物たちも目覚めます。

(立春:末候 )

*2月19日~2月23日ごろ

季節は初春。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。