今日の卦は泰平を意味する地天泰

易の64卦11番は泰平を意味する地天泰(ちてんたい)。

三爻は「平(たいら)にしてかたむかずということなく、往(ゆ)きて復(かえ)らずということなし。難貞(かんてい)なれば咎(とが)なし。恤(うれ)うるなかれ、それ孚(まこと)あり。食(しょく)に于(おい)て福(さいわい)あり」。

すべては循環している。

盛りのあとは必ず衰える。

月が満ちたら欠けるのと同じ。

三爻は、泰(たい)の卦でも陰と陽の接点だから、安泰から次に移る節目となる。

自信もつき地位も安定していると思って自己満足していると足元が怪しくなる。

おごらず、騒がず、謙虚に身を持していれば、その危険も避けられる。

『易経』は繰り返し「貞(てい)なれば」と言う言葉が出てくる。

人間はすぐにうぬぼれる生き物。

うぬぼれると自分の本当の姿を見失う。

そのことを注意して教えてくれる。

どんなに大変な困難に出会っても、泰(たい)の時だから

本道をみうしなわなければ、食べることには困らない。

食禄で福ありということ(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

黄鶯睍睆(おうこうけんかんす)

鶯が山里で鳴き始める。

(立春:次候)

早春に「ホーホケキョ」と美しい声を響かせて鳴く鶯は「春告鳥(はるつげどり)」とも呼ばれています。

また、その年最初に聞く声を「初音(はつね)」と呼びます。

2月9日~2月13日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード