タオの第三十章 自分を守る

現代は政治でも経営でも

 すべて力ずくでやろうとする。

 

パワーアップするのが良い。

 

勝つことが、勝利することが正しい・・・・・・と思っている。

 

つい、この間まで私も同じように考え、行動して・・・・・失敗した。

 

でも、タオにつながる人は

 こう警告する。

 

強い力で押しまくる時、かならず

 しっぺがえしが来る。

 

戦争で荒らした後には、

 草ばかり生える。

 

大軍が占領した国土には飢餓が起る。

 

戦うことなんて

 本当に自分を守っている時だけでいい。

 

暴力に反抗して命を守る時だけでいい。

 

だからタオの人は

 自分を守る力を誇らない。

 

何かに勝ってもおごらない。

 

争うのは

 止むえずする時だけ。

 

そして、目的をとげたって、得意にならない。

 

暴力や力ずくでしたことなんて、

 みんな長続きしない。

 

企業も同じ戦うことだけのものは長続きしない(笑)

 

もし、貴方の勤めている企業が戦うだけの社風なら
 よく考えてみたほうがいいかもね♪


三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大寒 (1/20~ 2/3)

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)
一年で一番寒さの厳しい頃 。でも春はもう目前。

七十二候

款冬華(ふきのはなさく)

蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す 。

款を始めとした草花が、着実に春に向かっていることを知らせてくれます。

〔大寒の初

*1月20日~1月24日ごろ
季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。