今日の卦はジタバタするなの水火既済

易の64卦63番はジタバタするなの水火既済(すいかきぜい)。

二爻は「婦(ふ)その茀(ふつ)を喪う。逐(お)うなかれ七日にして得(え)ん」。

イメージとしては、車の覆いが風に飛ばされてなくなり、大騒ぎする。

覆いとは日傘のようなもので、大切なのです。

でも、この爻は「離」の中心だから賢い人の事。

世の中が万事泰平で、人々は油断だらけの気分でいるから、大切なものも注意深く扱わない。

賢い人はこんな時もあわてることなく自然に任せる。

失ったものは返ってくることもない。

七日というのは爻が六つありそれが過ぎた後を七日と読んでいるので、

自然にまかせていればいいという意味を持つのです(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。