タオの第十一章 「空っぽ」こそ役にたつ

「空(から)」という言葉に何を感じる?

 

例えば人に対して「あの人は空っぽだよね」と言われてうれしい人はいない。

 

そう・・・・「空(から)」から連想するのは「役立にたない」という言葉。

 

でも・・・・・・タオは教えてくれる。

 

それは、可能性の空間。

 

器をつくったとして、中には必ず空になっている。

 

もし、中がつまっていたら、役にはたたない(笑)

 

どの家にも部屋があって、

 その部屋はうつろな空間。

 

もし部屋が空(から)ではなく、ぎっしり詰まっていたら

 風も通らず、使いものにならない。

 

それが家の有用性。

 

私たちは物が役立つと思うけど、

 じつは、物の内側の何もない虚(きょ)のスペースこそ、

 本当に役にたっているんだよ(笑)

面白いね♪

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大寒(1/20日~2/3

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)

一年で一番寒さの厳しい頃 。逆の味方をすれば、これからは暖かくなると言うことである。

春はもう目前である。

七十二候

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

沢に氷が厚く張りつめる。

(大寒:次候)

冬至が過ぎて、少しずつ日が長くなってくる頃。しかしこの時期に、その年の最低気温が観測されることも多いようです。

1月25日~1月29日ごろ

季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード