タオの第十章 玄(おく)にある深い力

『玄徳(げんとく)』・・・・・・中国の三国時代、蜀の劉備の字 (あざな) 。

 

ただ民を愛し、威張らず、涙もろく、そして愛された人・・・・・・だから、孔明(諸葛亮)みたいな人が働いた。

 

タオの言葉に玄とは「おく」とある。

 

心と肉体の玄(おく)に徳を持つ人の事。

 

それは・・・・

・身体と心は離れなくなる。

・精気(エネジー)にみちて生まれたての赤ん坊のように、

 柔らかく、無邪気な心を持つ。

・よく拭った鏡のように澄んでいる。

 

そんな人になる。だから・・・・

 

熱心に働いても・・・・・自慢しない。

 

リーダーになっても、支配しようとしない。

 

タオの道につながる人になれば良い♪

 

心の玄(おく)にタオを持つ人を探し、リーダーになってもらいたいものです(笑)


 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬 (11/8~ 11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来くる。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

金盞は、水仙の別名で黄金の杯を意味しています。  〔立冬の末

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。