タオの第79章 怨(うら)みが無くなるだけでも

不満や怨みのみなぎっている人を

 なんとか慰めようとしても、

 あとに何かが

 残るものなんだ。

 

怨みがまったくとけることなんて

 まず無いだろうね。

 

どうしたらいいか?

 

たとえば

 不満や怨みの多くが

 金銭の貸し借りから起るとすれば・・・・・

 きびしくとりたてようとしないで、

証文を忘れる側に廻るがいい。

 

道(タオ)につながる人は、だから

 あの無尽蔵の虚(きょ)のなかから

 取り出して与える、

 そして「忘れる」。

 

虚の「豊かさ」をよく知ってるんで

 与えればすぐまた

 湧き出すことをしっているんだ。

 

怨みは根深いものでね、

 これを去るには

 「忘れること」しかないんだ。

 

それには道(タオ)の「虚」のなかから

 湧き出す力を用いることさ。

 

道(タオ)はいつも、そういう人の

 後押しをしてくれるんだ。

 

じっさい、

 「怨み」というひとつの感情が

 無くなることだけでも

 人は、

 そしてこの世は、

 どんなに落ち着いたものになることか。

 

++++++難しいけど・・・・たしかにって思える言葉でした♪

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。