タオの第78章 世界の王者

すでに、

 柔らかで弱いものは命だといったが、

 まことに・・・・

 水ほど柔らかで弱弱しいものはない。

 

でもね、

 ひとたび水が

 固くて強いものを攻めるとなると

 どんな岩でも崖でもしまいに

 崩して、こなごなにしてしまう。

 

その点では、他の

 どんなものも及ばない力を発揮する。

 

これで分かるように

 弱いものが強いものに勝ち

 柔らかいものが固いものに勝つんだ。

 

このことは、

 言われてみれば誰も頷くんだがね、

 さて実行する人となると、まず

 ごく少ない。

 

こんな柔らかな力のものは

 ゆっくり広くゆきわたる。

 

たとえば川が流れくだるようにね。

 

そして低く低くゆきながら

 汚いものを受け入れて、

 平然としている。

 

こうなれば

 その人がいかにすぐれた力の者か、

 誰にも分かるはず。

 

こういう柔らかな力の者が

 ひとつの国の惨めさや悲しみを

 すっかり受け入れて

 平然としていれば

 その人こそ・・・・・

 国の本当のリーダーと言える。

 

全世界の王者と言ってもいい。

 

柔らかでしなやかで弱々しいものが

 世界の王者だなんて言っても

 世の中の人は、

 変なことを言うとしか思わない。

 

だがね、

 本当の言葉というものは、しばしば

 世論とは正反対を言うように響くのさ。

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード