タオの第51章 道(タオ)と徳(テー)

道(タオ)っていうのは・・・・・

 万物を生み出す働きの事。

 

この生み出された万物を

 動き出す力を

 「徳(テー)」と呼ぶようにしている。

 

道(タオ)が生んだものを

 徳(テー)が養うのです。

 

養い育てて、形をつくり

 存在する場を与える。

 

だから万物はみんな

 道(タオ)を尊び

 徳(テー)を大切にする。

 

万物が

 道や徳を尊敬するのは、それが・・・・

 無理に押し付けられたものではないから。

 

自然に生まれて、

 その本来の力を植えつけられたから。

 

道(タオ)と徳(テー)は、

 法律や社会道徳じゃなくて

 ものの内にある力。

 

だから道(タオ)とは、繰り返すが

 すべてを生み出し、養い、育て

 成熟させ、そして・・・・・

 その果実が地におちたら埋めてやる。

 

生み出したからって、

 自分のものにしないし、

 大変な働きをしたからって、

 威張らない。

 

成功した人々の頭にたったからって・・・・

 支配して操ったりしない。

 

こういう道(タオ)の働きを

 玄徳、神秘パワーと言うのです(笑)
 ※玄徳(げんとく)とは、深遠玄妙なる徳をいう。 
天地万物あらゆるものに、本来的に備わる徳であり「徳にあらざる徳」という。 
本質を失わず、徳としても意識されない心そのままの徳を「玄徳」と呼ぶ。 
これは大自然と同じであり、無為なるが故に万物を化す。 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード