タオの第43章 もっとずっと大切なもの

君はどっちが大切。

 

地位や評判ですか?

 

それとも自分の身体ですか?

 

収入や財産を守るためには

 自分の身体をこわしてもかまわないですか?

 

何を取るのが得で

 何を失うのが損か、本当に

 よく考えたことがありますか。

 

名声やお金にこだわりすぎたら

 もっとずっと大切なものを失う。

 

物を無理して蓄めこんだりしたら、

 とても大きなものを亡くすんだよ。

 

何を失い、何を亡くすかだって

 静けさと平和だよ。

 

このふたつを得るには、

 いま自分の持つものに満足すること。

 

人になにかを求めないで、これで

 まあ充分だと思う人は、

 ゆったり世の中を眺めて、

 自分の人生を

 長く保ってゆけるのさってね(笑)


三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。