タオの第41章 多くの人には逆(さかさ)に見えても

こんな私の話を聞いて、人々は

 いろんな受け取りかたをする。

 

はっと感じとって、これを

 自分の内面的変化の

 きっかけにする人がいる。

 

ちょっと聞き耳を立てるが

 半信半疑で身をひいちまう人もいる。

 

まあ、たいていの人は

 馬鹿らしいと言って、大笑いするんだ。

 

だから・・・・

 

馬鹿にされて笑われたりするのは

 このタオの道が本物だ、

 という証拠。

 

じっさい、タオの道は、

 多くの人の目には逆にうつる。

 

それは実に明るいのに

 妙に薄暗く見える。

 

たえずゆっくり進んでいるのに

 立ち止まって、後ずさりしているかに見える。

 

平らな大きな道なのに

 でこぼこの険しい山路に思える。

 

実の高い素質なのに

 俗っぽく小ずるいと考えられたり

 清く潔白なのに

 薄汚れたものと受け止められる。

 

どこにも行き渡るパワーなのに

 ちっとも役立たんものとされる。

 

しっかり地についた思想なのに

 ぐらついて頼りないものにみえる。

 

その中心には純粋な心が座ってるのに

 人は空っぽとしか思わない。

 

だいたい、

 とっても大きなものは

 四方の隅がみえない。

 人間も・・・・・

 とんでもなく大きな才能は、はじめ

 薄馬鹿に見えるんだ。

 

うんと大きな音は

 かえって耳に入らないし

 大空に出来る形は

 千変万化して捉(とら)えどころがない。

 

同じように

 タオの働きは

 名のない領域から出てきて

 黙って力を貸して、

 萬物を助けるのです(笑)





 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

白露 9/8日~9/22

陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。

七十二候

玄鳥去(つばめさる)

燕が南へ帰って行く頃。

(白露:末候)

* 9月18日~9月22日ごろ
季節は仲秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。