タオの第38章 徳(てー)・・・大きな愛

だいたい私が

 徳(てー)と呼ぶのは

 千変万化するタオのエナジーが

 この世で働く時のパワーのことを言う。

 

タオのパワーにつながる人は

 いまここにいる自分だけに

 心を集めている。

 

ほかの意識は持たないから、

 内側のエナジーはよく流れる。

 

これを私は上等の徳(てー)と言う。

 

世間にいる道徳家というのは

 徳(てー)を意識して強張るから、

 エナジーはよく流れない。

 

こういうのを私は下等の徳(てー)という。

 

同じ事が日々の行為にも当てはまる。

 

いつも・・・・・

 

意識して行動するだけの人は

 深いエナジーを充分に掬(く)みだせない。

 

タオの働きを信じて、

 余計なことをしない人は

 いつしか大きなパワーに乗って、自分の

 生きる意味につながる。

 

その人の

 本当の人間感情も

 こういう大きな愛から働く。

 

これが正しいからやる。

 なんてことばかり

 主張する人は

 浅いパワーを振り回しているのさ。

 

そして、礼儀や世間体(せけんてい)や形式ばかり

 守っている人は、

 こっちがそれに同調しないと

 目を剥(む)いて文句を言い、

 腕まくりして無理強(むりいじ)したりする。

 

言い直すと、世界ははじめ、

 タオ・エナジーの働きを、

 徳(て-)として尊んだんだがね。

 

それを見失ったあと、

 人道主義を作り出した。

 

それを失うと、

 正義を作りだした。

 

正義さえ利(き)かなくなると、

 儀礼をはじめた。

 

儀礼がみんなの基準になると

 形式ばかり先行して、裏では

 むしりあいがはじまる。

 

先を読み取ると能力が威張り、

愚かな競争ばかり盛んになった。

 

あの道(たお)の

 最初のパワーにつながる人は

 上辺(うわべ)の流れを見過ごして平気なんだよ。

 

結果が自然に実を結ぶのを

 待っていられる人になる。

 

花をすぐ摘み取ろうなんてせずに

 ひとり

 ゆっくりと眺めている人になる。

 

タオって面白いね(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。