タオの第20章 「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい♪

世間の人は

 

頭を使いすぎる。

 

頭を使う事はやめて

 

自分の内面のバランスをとってごらん。

 

すると心配や憂鬱がどんどん薄らぐ。

 

だいたい。

 

世間が「よし」とか「だめ」とか言ったって

 

それが君にとって何だというんだね?

 

「善い」と褒められたって

 

「悪い」と貶されたって

 

どれほどの違いがあるのかね。

 

みんながびくびくすることに自分も

 

びくびくしていたら、それこそ・・・・・

 

切りがないんだよ-------果てしないことになる。

 

そりゃあ、確かに

 

世間と仲良くすれば。

 

一緒に陽気に楽しめるさ。

 

宴会で飲み食いして騒いだり、

 

団体旅行で海外に出たりしてね。

 

一方、私みたいな人間はひとりきりで

 

うそうそしている。

 

目立たない存在で

 

ろくな笑い声も立てない。

 

みんな物をたっぷり持っているのに

 

こっちは何も持たず、

 

ひとり置き去りにされ

 

馬鹿みたいに扱われ

 

まごまごしている。

 

他の連中は陽(ひ)のさすところにいて

 

こっちは独り、陰(かげ)にいる。

 

他の連中は素早く動いて手も早いのに

 

こっちはひとり、もぞもぞしている。

 

海みたいに静まりかえってくるし

 

風に吹かれてあてどなくさまよう。

 

世間の人たちは目的を持ち、忙しがっているが、

 

こっちは石ころみたいに頑固で鈍い。

 

確かに私は独り

 

他の人たちと違っているかもしれない。

 

しかしね・・・・・

 

自分はいま、

 

あの大自然(タオ)の母親のおっぱいを

 

好きなだけ吸っているんだ。

 

こう知っているから

 

平気なんだ、実際

 

いま、こうして吸っているだからね♪

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード