タオの第16章 静けさに帰る

虚(うつろ)とは・・・・・

 

受け容れる能力を言うんだ。

 

目に見えない大いなる流れを

 受け容れるには

 虚(うつろ)で、

 静かな心でいることだ。

 

静かで空虚な心には、

 いままで映らなかったイメージが見えてくる。

 

萬物は

 生まれ、育ち、活動するが

 すべては元の根に帰ってゆく。

 

それは、静けさに戻る事だ。

 

水の行く先は・・・・・海

 

草木の行く先は・・・・・大地

 

いずれも静かなところだ。

 

すべてのものは大いなる流れに従って

 

定めのところに帰る。

 

  (そして、おお、再びよみがえるのを待つ)

 

それを知ることが智慧であり

 知らずに騒ぐことが悩みの種をつくる。

 

いずれはあの静けさに帰り

 よみがえるのを待つのだと知ったら

 心だって広くなるんじゃないか。

 

心が広くなれば

 悠々とした態度になるんじゃないか。

 

そうなれば、時には

 空を仰いで、

 天と話をする気になるじゃないか。

 

天と地をめぐって動く命の流れを

 静かに受け入れてごらん、

 自分の身の上でくよくよするなんて

 ちょっと馬鹿らしくなるよ。

 

面白いね~♪

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大寒(1/20日~2/3

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)

一年で一番寒さの厳しい頃 。逆の味方をすれば、これからは暖かくなると言うことである。

春はもう目前である。

七十二候

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

鶏が卵を産み始める 。

(大寒:末候)

自然な状態での鶏は、冬は卵を産まない日も多い。その鶏が、春の気配を感じて卵を産み始める頃です。

1月30日~2月3日ごろ

季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード