タオの第16章 静けさに帰る

虚(うつろ)とは・・・・・

 

受け容れる能力を言うんだ。

 

目に見えない大いなる流れを

 受け容れるには

 虚(うつろ)で、

 静かな心でいることだ。

 

静かで空虚な心には、

 いままで映らなかったイメージが見えてくる。

 

萬物は

 生まれ、育ち、活動するが

 すべては元の根に帰ってゆく。

 

それは、静けさに戻る事だ。

 

水の行く先は・・・・・海

 

草木の行く先は・・・・・大地

 

いずれも静かなところだ。

 

すべてのものは大いなる流れに従って

 

定めのところに帰る。

 

  (そして、おお、再びよみがえるのを待つ)

 

それを知ることが智慧であり

 知らずに騒ぐことが悩みの種をつくる。

 

いずれはあの静けさに帰り

 よみがえるのを待つのだと知ったら

 心だって広くなるんじゃないか。

 

心が広くなれば

 悠々とした態度になるんじゃないか。

 

そうなれば、時には

 空を仰いで、

 天と話をする気になるじゃないか。

 

天と地をめぐって動く命の流れを

 静かに受け入れてごらん、

 自分の身の上でくよくよするなんて

 ちょっと馬鹿らしくなるよ。

 

面白いね~♪

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

白露 9/8日~9/22

陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。

七十二候

玄鳥去(つばめさる)

燕が南へ帰って行く頃。

(白露:末候)

* 9月18日~9月22日ごろ
季節は仲秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。