タオの第15章 いつも「自分」でいること

むかしは

 

タオをよく体得した人がいて

 

 そのありさまは

 

 神秘的で暗く、遠く

 

 すべてに通じているようで

 

 どうにも測りようのない深さだった。

 

こういう人物を言葉で描こうとすると

 

 比喩的な言い方をするほかない。

 

その慎重な態度は

 

 危険な冬の川を渡る人のようだ。

 

 用心ふかいさまは

 

 見知らぬ森を通る人のようだ。

 

よその家を訪ねたお客みたいであり

 

 それでいて、人と交わるさまは

 

 氷が融けてゆくような滑らかさだ。

 

その素朴な様子は

 

 山から伐(き)りだしたばかりの白木(しらき)のようだし、

 

 心の広やかさは、大きな谷を思わせる。

 

とにかく取りとめなくて、

 

 その点では濁った水みたいであり

 

 濁ったままゆったりしているから

 

 いつしか澄んでくる・・・・・・・・そういう

 

 在り方なんだ。

 

安らかにくつろいでいるくせに

 

 いつも間にか動いている、

 

 そして何かを生み出している。

 

こういう人だから

 

 無理をしないんだ、

 

 タオを身につけた人というのは

 

 消耗しない。

 

古いものをいつしか新しいものにしてゆく。

 

いつも「自分」でいられて

 

 新しい変化に応じられるのさ(笑)

 

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード