第二章:中医:蔵象学説:五臓の肝:魂とは? 70頁♪

肝の功能は女子の月経にも現れる。

 

肝血が不足するか肝が蔵血しなければ、月経の量が減り、
 ひいては閉経となるか、月経の量が増え、崩漏(不正出血)

 になる。

 ※ここでいう閉経とは月経があってあたりまえの年齢での閉経を

  意味している。急激なダイエットなどね。

 

血の量を調節する肝の功能は血液の貯蔵を前提にして、充分な血量を貯蔵してこそ効果的に調整できる。

 

ただし、肝内に貯蔵した血を外周に輸布する作業は、血液の運行における肝の疏泄功能の具現化である。

 

肝の血液調節功能は、蔵血功能と疏泄功能とが協調、平衡してこそ、完璧になる。

 

昇泄が多すぎるか蔵血功能が減退すれば各種の出血がもたらされ、疏泄が少なすぎて肝気が鬱結すれば鬱血がもたらされる。

 

また、蔵象学説では「肝は魂を蔵す」という。

 

「神に随(したが)いて往来する者、之を魂と謂(い)い」と魂とは神の変じたもの、神から派生したものである。

 

魂は神と同様に、血を主要な物質的基礎としているが、心は血を主るので神を蔵し、肝は血を蔵すので魂を蔵す。

 

肝の蔵血功能が正常であれば、魂には宿るところがある。

 

肝血が不足し、心血が欠損すれば、魂は宿るところを失い、
 驚駭(きょうがい)多夢、臥寐(かび:横たわる)不安、夢遊、夢囈(むげい:うわごと)、幻覚などが現れる。

 

「黄帝内経の霊枢」の本神篇には、「神気に従って往来する精神活動、これを魂という」とある。

 

魂の一つの定義がここにあった(笑)

 

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころ。

「金盞きんせん」とは、水仙の別名で、黄金の杯を意味してます。

(立冬:末候)

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。