第二章 中医の蔵象学説の五臓の脾の志は思考 58頁♪

脾の志は思いである。

 

思いは思考、思慮(しりょ)、意識、思惟活動の一種。

 

思は脾の志であるが、心が神明を主ることと関係があるので

 「思は心より出て、脾が応ず」という。

 

正常な思考は人体に影響を及ぼさないが、過度の思慮

 や思いを遂げられない情況は生理活動に影響を与える。

 

そのうち、もっとも主要なものは、気の正常な運動に影響し、

 気滞と気結をもたらすことである。

 

脾臓にもっとも影響を及ぼすのは、脾の運化功能である。

 

気結になれば脾の昇清に影響をするので、過度な思慮は

 飲食の不振、上腹部張満、目まいなどをもたらす。

 

◆脾の液は涎(よだれ)である。

 

涎は口の津液で、唾液の薄いものを涎という。

 

涎は口腔膜を保護し、口腔を潤沢にする作用を有し、飲食の時に分泌がかなり多くなり、飲食の嚥下(えんか)と消化を助ける。

 

正常な情況のもとでは、唾液は口に上行するが、口の外には溢(あふれ)ない。

しかし、脾胃が和さなければ、唾液の分泌が急増したり口から溢れたりするので、脾の液は涎であるといわれている。

 

◆脾は体では肌肉、四肢に合す。

脾胃が気血水化の源であるので、全身の肌肉は、脾胃の水穀の

 精微を運化して栄養を与えてこそ、発達して豊満になる。

 

肌肉が健全、旺盛であるか否かは脾胃の運化能力と関係があり、

 脾胃の運化功能に障害が生ずれば、羸痩(るいそう)、萎弱不用

 になる。

※羸痩(るいそう)とは、脂肪組織が病的に減少した症候をいう。

 ダイエットや病気でのゲキ痩せ。

 

これが「痿を治する者は独り陽明に取る」の理論的根拠でもある。

※黄帝内経の素問44番の痿論篇(いろん)は最古に記され

  「体が萎えてきて治すときには陽明経を取る」と教えてくれ

  ている。

 

面白いね~♪


 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬(11/7~11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
この日から立春の前日までが冬。

日は短くなり時雨が降る季節。

 

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころです。

 〔立冬の末候〕

*11月17日~11月21日ごろ。

季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
予約鑑定承ります!
予約鑑定承ります!

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。