第二章 中医の蔵象学説の五臓の脾、昇清を主る 56頁♪

◆昇清(しょうせい)を主る。

 

脾気の運動の特徴は昇清である。

※脾の機能で上に上げるという意味がある。

 

「昇」は上昇、「清」は水穀の精微など栄養物質の事。

 

昇清とは、水穀の精微などの栄養物質を吸収して心、肺、頭、

 目に上輪し、心肺の作用で気血を化生して全身に栄養を送る

 事である。

 

昇と降は矛盾する行動であり、脾の昇清は胃の降濁と対をなす。

 

これが一つ目の要素である。

 

 

二つ目の要素は、臓と腑との間の昇清相因と協調平衡は

 内臓が常に一定の位置を維持するための重要な要素である。

 

脾の昇清の功能が正常であってこそ、水穀の精微など栄養物質

 吸収し、正常に輪布して、元気を充実させ、内臓を下垂させ

 ない。

 

逆に、水穀を運化できなければ、気血の生化の源がなく、神疲

 、乏力(脱力感)、目まい、腹張、下痢などが起り、脾気(中気)

 が下陥(げかん)すれば、慢性下痢、脱肛が起り、ひいては

 内臓下垂などが現れる。

 

◆統血を主る。

 

統は統摂(とうせつ)、統制のことで、統血とは脾が脈中における血液の運行を統摂し、脈外に溢れるのを防止する功能を有する事。

 

脾の統血の主要なメカニズムは、脾気の血に対する個摂することができるのは、脾が気血生化の源であることと密接な関係がある。

 

脾の運化の功能が健在、旺盛であれば、気血が充実し、気の固摂作用も強大になる。

 

その逆であれば、気血生化の源がなくなり、気血が虚欠し、気の固摂作用も減退し、失血する。

 

便血、尿血、崩漏(性器からの異常出血)などを「脾の統血不能」

 と云う。

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

黄鶯睍睆(おうこうけんかんす)

鶯が山里で鳴き始める。

(立春:次候)

早春に「ホーホケキョ」と美しい声を響かせて鳴く鶯は「春告鳥(はるつげどり)」とも呼ばれています。

また、その年最初に聞く声を「初音(はつね)」と呼びます。

2月9日~2月13日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード