第二章 中医の蔵象学説の五臓の脾について 53頁♪

◆脾について

 

脾は栄養の供給センターである。

 

脾は中焦(ちゅうしょう)、横隔膜の下に位置し、運化(うんか)、昇清、血液の統摂を主るのだ。

 

※漢字が読めない、意味分からないので補足♪

・運化(うんか)とは、変化させて運ぶ

・昇清とは、脾の機能で、上へあげるという意味がある。

 消化された飲食物のうち滋養物、清を上方の肺に送る

 脾胃の機能のこと。

 すなわち、清と濁に分けられた飲食物を脾の昇清作用に

 よって上焦へ上げること。

 

足太陰脾経と足陽明胃経が絡み合って胃に属するので、脾は胃と表裏をなす。

両者は、ともに消化系統の主要な臓器である。

 

人体の生命活動の持続と気血と津液の生成は、脾胃の運化する水穀の精微に依拠する。

脾胃を「気血生化の源」、「後天の本」という。

 

脾の主要な生理功能は、まず運化である。

 

運とは転運、輸送であり、化とは消化、吸収である。

 

脾が運化を主るとういうのは、水穀を化して精微にするとともに、

 全身に転送する事である。

 

その功能は水穀の運化と水液の運化に分かれる。

 

◆水穀の運化

 

飲食物が胃に入ったあと、消化と吸収は胃と小腸で行われる。

 

但し、水穀を化して精微にする脾の運化を経なければ、全身に発散することはできない。

 

脾が水穀を精微に運化する働きが正常であれば、消化吸収功能が健全といえる。

 

精・気・血・津液を化生するための養分がそろい、全身の各組織、器官を滋養し、正常な生理活動を行わせることができる。

 

その逆であれば、腹張・便秘・下痢・食欲不振・消痩・気血の生化不足などの病変を生じる。

 

だから、「脾胃は後天の本」、「気血生化の源」という。

 

とっても、面白い。

脾胃は消化で大切なのに、土だからやっぱり地味です(笑)

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

春分 (3/21~ 4/4)

日天の中を行て昼夜等分の時也

(暦便覧)
この日をはさんで前後7日間が彼岸。花冷えや寒の戻りがあるので暖かいと行っても油断は禁物。

七十二候

雀始巣(すずめはじめてすくう)

雀が巣づくりを始める頃。この時期、雀が隠れるほどに草がのびることを「雀隠れ」といいます。

 〔春分の初候

*3月21日~3月25日
季節は仲春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。