第二章 「汚い」があるから「美しい」が在るのさ

天と地が生まれて

 物に名がついたわけだが、

 名とは・・・・・・

 物の表っ面(つら)にただ張りつくものだ。

 

美しいと汚いは、

 別々にあるんじゃない。

 美しいものは、

 汚いものがあるから、

 美しいと呼ばれるんだ。

 

善悪だってそうさ。

 善は、悪があるから、

 善と呼ばれているんだ。

 悪の在るおかげで

 善があるってわけです。

 同じように

 ものが「在る」のも、

 「無い」があるからこそありうるんです。

 お互いに

 片一方だけじゃあ、在りえないんだ。

 

長い、と言ったって

 短いがあるから長いのさ。

 

高い、と言ったって、

 低いものがあるから高いんだ。

 

一つの歌だって、そこに

 声とトーンがあるから歌になる。

 

前だって

 後があるから

 前もあるわけでね。

 

だから

 道(タオ)の働きにつながる人は

 知ったかぶって手軽くきめつけたりしない。

 

ものの中にある自然のリズムに任せて

 手出しをしない。

 

すべてのものは生まれでて

 千変万化して働いてゆくんだからね。

 

このタオの

 本当のリアリティを受け入れる時

 人は・・・・

 何かを造りあげても威張らない。

 

成功しても

 その成果を自分のものにしない。

 

自分のものだと主張しないから

 かえって人から忘れられない。

 

そして・・・・・

 誰もその人の成果を

 奪い取ろうとしないんだ。

 

勉強になるね(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/21~ 6/5)

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
陽気がよくなり、草木が次第に生長して生い茂るという意味。

七十二候

紅花栄(べにばな さかう)

紅花(べにばな)が咲き誇るころ。

〔小満の次候

紅花はキク科の一年草または越年草。推古天皇の時代に朝鮮半島を経て渡来。安土・桃山から江戸時代にかけて、京染めの藍茜、紫根と共に代表的な染料として用いられた。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。