第二章 中医の蔵象学説の五臓の肺について 50頁♪

◆肺の志は憂。

 

五志を五臓に分類させれば、肺の志は憂である。

 

憂と悲の情志は完全に同じではないけども、人の生理活動に
対してほとんど同じ影響を及ぼす。

 

両者はともに肺の志に属す。

 

憂愁(ゆうしゅう)と悲傷(ひしょう)はともに非良性の刺激に
属し、人への主要な影響は気をたえず消耗させることである。

 

「黄帝内経」の素問の39番目に痛論篇(きょつうろん)という痛みの種類についての記載がある。

 

「悲しめば則ち心系急にして、肺布し、葉挙して、上焦通せず、栄衛散せず、熱気中に在り。故に気消ゆるなり」とある。

 

簡単に云うと、あまり悲しみすぎると気が消滅してしまうから注意しなさいとね。

 

肺の液は鼻水である。

 

鼻水は鼻の粘膜から分泌される粘液で、鼻竅(びきょう)を潤す功能がある。

 

鼻は肺の竅(あな)であるが、正常な情況のもとでは、鼻水は鼻竅(びきょう)を潤して外には流れない。

肺に寒があれば透明で水っぽい鼻水が流れ、肺に熱があれば黄濁した鼻水生まれる。

肺に燥があれば鼻の中が乾く。

 

◆肺は体で毛に合し、その華は毛にある。

皮毛は、皮膚、汗線、毫毛などを含め、全身の表であり、衛気と津液と温養と潤沢、に依拠する。

 

肺は気を主り衛に属し、衛気を宣発し、精を皮毛に運ぶ功能を具えている。

 

だから、正常な情況のもとでは、皮毛が緻密になり、毫毛が光沢を持ち、外邪に抗(あらが)う能力がかなり強くなる。

 

逆に、肺気が弱く、衛気を宣発し精を皮毛に運ぶ功能も弱ければ、衛気は固まらず、多汗、風邪にかかりやすい、皮毛が憔枯(しょうこ:やつれて枯れること)するなどの現象が現れるのです。

 

勉強になるね(笑)


三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬(11/7~11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
この日から立春の前日までが冬。

日は短くなり時雨が降る季節。

 

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころです。

 〔立冬の末候〕

*11月17日~11月21日ごろ。

季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
予約鑑定承ります!
予約鑑定承ります!

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。