今日の卦は崩壊の山地剥

イーチンタロットの64卦23番は崩壊の山地剥(さんちはく)。

初爻は「牀(はく)を剥(はく)するに足(あし)に以(およ)ぶ、貞(てい)を蔑(ないがし)ろにす」。

歴史の物語で説明すると、『日本書記』の有間皇子(ありまみこ)の悲劇がぴったり。

有間皇子は身近な蘇我の赤兄にそそのかされ、うかうか謀反の企てに乗ろうとする。

その相談に赤兄の家に行き、高楼の机に寄りかかって座ろうとしたとき、机の脚がひとりでに折れてしまった。

皇子は「剥(はく)」の初爻の言葉を思い出し、悪い予感で企てをやめようと決心し、赤兄にそのことを告げ、自分の屋敷に帰りました。

でも、赤兄は皇子を裏切って天皇の元に密告に走り、皇子は家を包囲され捕らわれ処刑されました。

現代なら、上司の批判をちょっとしただけなのに、

 ニコニコあいづきをうっていた部下に密告され、

 左遷されるようなもの。

『易経』は教養の一つとして、ちゃんと勉強していたら有間皇子は机の脚が折れた段階で自分を運命を悟る事ができただろうというお話でした(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大寒 (1/20~ 2/3)

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)
一年で一番寒さの厳しい頃 。でも春はもう目前。

七十二候

款冬華(ふきのはなさく)

蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す 。

款を始めとした草花が、着実に春に向かっていることを知らせてくれます。

〔大寒の初

*1月20日~1月24日ごろ
季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。