第二章 中医の蔵象学説の蔵象学説の概念について 35頁♪

五臓間の生理功能の平衡と協調は、

   人体内の環境を相対的に安定させる要。

 

同時に、五臓と竅(あな)との結びつき、五臓と精神との関係性によって、体の内外の環境との結びつきを橋渡しして、相対的な平衡と協調を保つ。

 

面白いね(笑)

 

蔵象学説の形式では解剖に関する一定の知識が基礎になっている。

 

しかし、その発展は「外を司って内をおしはかる」観察、研究方法にもとづいている。

 

中医では臓器とは、その全体的な功能のことを云う。

 

だから、具体的な存在の範囲を大きくこえた生理と病理の理論体系を形成することができる。

 

※西方の実証医学は臓器とは、その具象的な構造の事を云う。

 

蔵象学説で云う臓器には、現代の解剖学における複数の臓器の生理功能を含む。

 

逆に、現代の解剖学でいう臓器を、蔵象学説の複数の臓器の生理功能に振り分けることもある。

 

ということで、蔵象学説の臓腑とは解剖学の概念でるだけでなく、人体のある系統を総括した生理、病理学の概念なのです(笑)

 

と云う事で次はやっと五臓に入ることになります。
一歩一歩ゆっくりですね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード