第二章 中医の蔵象学説の思惟活動について 34頁♪

思惟活動(しいかつどう)とは、思い考える活動の事。

 

五臓の生理活動には精神の情志(感情)と密接な関係がある。

 

精神の情志(感情)、意識の思惟活動は大脳の功能である

 

この事は黄帝内経に指摘している。

 

但し、蔵象学説では、人の精神、情志の思惟活動は、五臓の整理と密接な関係にあるとみなす。

 

例えば、腎は志を蔵し、心は神を蔵し、肺は魄(はく)を蔵す。

 

五臓の生理活動が全身の生理功能を統率するので、

 五臓の生理功能が平衛と協調を保っていれば、

 大脳の生理功能は正常はのである。

 

・心は神

・肝は魂

・肺は魄(はく)

・脾は意

・腎は志   

 

を蔵す。

 

五臓の功能の活動が異常であれば、大脳における

 精神、感情、意識の活動もかならずその影響を受ける

 ものである。

 

精神、情志、意識の思惟活動が異常であれば、

 同じように五臓に逆作用するので、

 五臓の攻防にも影響を及ぼす。

 

つまり、中医では大脳の生理功能を認めたうえで、

 情志や意識、思惟活動を分けて考え、

 それらの臓の生理活動との関係を探求している。

 

蔵象学説(ぞうしょうがくせつ)とは、人体の生理、病理現象を観察することによ り、各臓腑の生理機能や病理変化、及びその相互関係を説明する学説の事。

参考文献させていただいたのは、

一般社団法人 国際伝統中医学協会HPサイトの『蔵象』という頁です。

とっても分かりやすく親切に紹介してくれています(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立秋 (8/8日~8/22

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
暑中見舞いはこの前日まで、この日以降は残暑見舞い。

七十二候

蒙霧升降(ふかききりまとう)

深い霧が立ち込めるころ。(立秋:末候)

* 8月18日~8月22日ごろ
季節は初秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。