補足:相生相克という克について♪

相性が良いとか悪いとかに使われる「克」という言葉に

 いろいろな克がある。

 

養生法では「相克(そうこく)」は「克」をつかう。

 

克の読み方は「かつ」とも言うし「こく」とも言う、ここではこくね。

 

同じこくでは、「剋」と「尅」も同じ雰囲気で使う。

 

①「剋」は克にリのような物が右につく。

 これは刃物を意味して、刃物で切る方法でこくす。

 痛いよね。命の危険も感じるこくしかた。

 

②「尅」は剋に寸のような物が右につく。

 これは手で叩いてこくする方法。

 こっちも痛いがちょっと①のこくよりもいいよね。

 

③「克」は何もない、意味は己に勝つという言う事。

 なので養生法に出てくるこくは克を使う。

 

 『修克治人(しゅうこちじん)』

 

 意味は、「おのれを治めて、人をおさめなる」。

  まずは自分が修行して人を治めないと云うこと。

  星翔先生曰く、今の政治家に言いたい言葉との事(笑)

ついでに言うと克というのに勝つがある。

同じ「かつ」という音でも意味は違う。

「勝」は他人と戦い勝敗として勝つの意味。

これに対して「克(かつ)」は己にかつという意味との事。

 

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬(11/7~11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
この日から立春の前日までが冬。

日は短くなり時雨が降る季節。

 

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころです。

 〔立冬の末候〕

*11月17日~11月21日ごろ。

季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
予約鑑定承ります!
予約鑑定承ります!

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。