第一章 中医の基礎理論:五行による生理関係の説明 24頁♪

五行による生理関係の説明

 

五行の人体の生理への応用は、まず五臓を五行に配置することである。

 

 

五行と人体との結びつきの要として、五行の生理的特性と
五行の各種の説く特性に結びつけていく。

 

そうすると感情と連動してもっと明確になる。

 

例えば、肺は金に属す。

金属は音を発しやすく、人の声も肺気の鼓動によって発せられる。

 

同時に肺はひ弱な臓器なので、火気の熱を恐れるために、肺は金に象徴される。

 

また、脾(膵)は土に属す。

土は万物の母で、土がなければ万物を生ずる事はできず・・・・

 

人の生存は、飲食物の滋養に依拠(いきょ)するが、脾胃による消化と吸収がなければ生存することができない。

※依拠(いきょ)とは、よりどころという意味。

 

同時に、飲食物の消化と吸収、飲食と排泄には一定の規則があり、それは渾厚(こんこう)で恒常(こうじょう)という土の特性と同じ。

※渾厚(こんこう)で恒常(こうじょう)とは、穏やかで安定している

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード